読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやめあやめ

書き続けたいけど、一度も書き続けられたことがない。

カフェりながら戯言を

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

今カフェにいます。病院の予約の時間まで腹拵えをしています。
色んな人がカフェにいます。学生さんからご年配の方まで。
先ほど、泣きわめく赤ちゃんともう1人のお兄ちゃんを連れたお母さんがきました。カフェという静かな空間をぶち破ってのご登場でしたが、今では赤ちゃんも大人しくなり、すっかりカフェの空気に溶け込んでいます。実家に帰るためのスーツケースを今持っているのですが、それだけでひぃひぃ言っている私はなんなんでしょうね。母は偉大なり。

カフェが好きな方は多くいるでしょうし、それぞれカフェに求めるものは違うと思います。

コーヒーやケーキが美味しい、一杯で長い時間居られる、静かに過ごしたい、友達と話したい、勉強や読書に集中できる、Macを開いて作業したい…などなど。

私は、カフェにいると自然と落ち着くのが魅力だと考えています。自分の眼の前の飲み物と甘い物だけでなく、周りの人もリラックスした時を過ごしていることが、「ここは心を休める場所」と言い聞かせてくるような気がします。

自宅でも、コーヒーや甘いものは手軽に用意出来ますが、カフェにいるときほどリラックスできないことが多いです。恐らく、周りに現実的なものが多すぎる(例えば専門書や洗濯物とか、勉強しなきゃ、家事をやらねば、って気付かされてしまいます)ことと、一人でいることで悪いことを考えやすい状況になっているためだと思います。

以前、とある心理学に基づく性格診断をしたことがありますが、私の課題にはしっかり休むこと、というのがありました。
休日も仕事のことを考えてしまい、切り替えがが下手くそなのは認めざるを得ません。
そんな私が、比較的切り替えやすい場所がカフェなのだと思うのです。
今度、その性格診断のことも此処へ書いてみたいと思います。

それでは今日はこの辺で。