あやめあやめ

書き続けたいけど、一度も書き続けられたことがない。

その感情は誰のもの?

あけましておめでとうでございます。Honey-Kです。

 

休職を始めて、もう1ヶ月が経とうとしているのですね。時間の流れはゆっくりしているように感じていましたが、意外に早いようです。
何をしているかといえば、ぐったりしていて、何か起きる理由がない限りは横になっています。夜8時まで起きられなかった日もありました。とても重いのです。
少し気分の出る日は、外に出て、カフェったり本を読んだり、最低限の家事をしています。掃除はほとんどできていませんが…。

 

本日は、12月のカウンセリングの時に言われたことについて、ふと思い返してみたくなったので、書きつけてみます。

 

私が精神的不調を起こした一つの理由に、怒られることが積み重なっていたことが挙げられます。よく、怒られた人を励ますために、使われる言葉がいくつかあります。
例えば、

「新人は怒られるのが仕事」
「怒られるのは期待されているから」
「怒られたのはその人の態度・行動であって、その人自身ではない」

などなど…

私も、休職前に落ち込んでいた時に、このような言葉に出会いました。しかし、どれ一つとして共感できるものはありませんでした。

そして、カウンセリングでもう一つ、新しい言葉に出会いました。

それは、

「相手に"怒られた"のではなく相手が"怒っている"のだ」

すなわち、怒るという感情は相手のものであって、自分のものではない。ということです。自分のものではないので、"怒られた"という表現にはならないのです。

この言葉を聞いた時、正直ピンとこない、という気分でした。しかし、この言葉からは一つ気付かされることがあります。

それは、ある事象に対する受け取り方は自分次第なのだということです。

すごく当たり前のことを言っていますが、少なくとも私は相手の感情に敏感になり、悪い方に捉えすぎているということに気付かされます。

カウンセリングでは、以下のような会話がありました。

先生「叱られた時、どんな気分になりましたか?」
私「ちょっと落ち込みました。」
先生「数字で表したら、どのくらい落ち込みましたか?」
私「んー…80%くらいです。」
先生「"ちょっと"なのに80%もですか?」

そうなんです、自分ではちょっと注意されたくらいのはず、と頭では考えていますが、心の中で実はとても引きずっているのです。なので、私の思考は、"どうしてこのくらいで落ち込んでしまうのだろう。自分はなんてダメ人間なのか"という結論に至ります。
ですが、現実の自分は実はヤワヤワなのです。なので、本当はハードルを下げるか、心を鍛えてレベル上げをするのが最も現実的な方法なのです。

今の私の状況は、これら現実的な方法の両者からアプローチしていると言えます。休職することで怒られる状況から回避してハードルを下げ、その上で、カウンセリングをしてもらったり本を読んだりすることで、心のレベル上げをしていると言えます。

 

少し話が逸れてしまいましたが、私に限らず、うつやそこまで行かなくても落ち込んでいる方は、悪い思考ループにはまっていると思います。これは、多くの本やインターネットの情報で語られている通りです。これに対しては、それに気づくこと(気づくというのはただ情報を眺めているだけでなくて、ピンとくるということが大切かと思います)と悪く受けとめない努力をしていくことが必要です。

前回のカウンセリングで、毎日楽しかったことや心地よかったことを書き、夜寝る前にそれを思い出す、という課題を出されました。これは、ポジティブな思考回路を作るレベル上げ・努力に相当します。

何もやる気が出ないならば、無理に何もする必要はないと思いますし、私もそのような気分の時は何もしません。ですが、心の辛い状況から抜け出したいと考えていて、かつ少し元気が出てきた時は、思考回路を鍛えておくと良いのかもしれません。

 

まとまりのない文章になってしまいましたが、今日はこの辺で。