あやめあやめ

書き続けたいけど、一度も書き続けられたことがない。

切り替えることの重要性

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

 

最近は、土日含めて7時30分〜8時の間には起きて活動できるようになってきています。

今日は、出かける前に朝食・洗濯・洗い物をした後、図書館は嫌なのでカフェで本を読んだりPCを持ち込んで復職についてネットサーフィンしていました。

『人にした方がいいと言われたこと、つまりアドバイスを、必ずしもやる必要はない』

これは、前回のカウンセリングで言われた言葉です。子供の頃からの(いつもいい子でいなければならない)という考えを忠実に守っている私は、先日会った先輩のお節介なアドバイスを実行しなければならないのかと、少し引っかかっていることを、先生にお話ししたのです。

朝起きて、図書館に行くことを推奨されていましたが、図書館が嫌ならば、カフェで座って作業するのも同じことと思い、今日はそれを実行しました。

ここ最近、同期や友人と会う機会があったのですが、皆それぞれのペースで生きていると感じました。上に言われたから、やらないと評価に影響する。そういう場面は多々ありますが、それを一生懸命にやりすぎるとパンクしてしまう。それが自分だったと思います。もう少し、『はいはい、ワロスワロス』ぐらいの対応で自分のペースを心に保っていれば、落ち込むことはなかったのかも知れませんね。

 

前置きが長くなってしまいましたが、今日はふと『心の切り替え』について書きたいと思います。
私はこの『心の切り替え』がとても下手です。例えば、休日にストレスを発散しようと行きたいところに出かけるとします。ですが、行った先でも、心のどこかでは仕事のことや人間関係のことを引きずっていて、なんとなくモヤモヤしたまま過ごしてしまうことがよくありました。


本当は仕事のことを忘れてスッキリすることが目的なのに、何故でしょうか。
それは、常に仕事のことを考えていないと不安だったからです。仕事のことを心のどこかに留めおくことで、仕事の問題に対して対処しているつもりになっていたのです。

しかし、休日に仕事に対する問題に対処するなんて、できるはずがありませんよね。
休日を利用して、仕事に関する勉強を進めることはできるかもしれませんが、私が問題にしていた職場の環境については、休み中に考えていたって何も解決されることはないのです。

これに気付かずに、ただ不安にまみれてストレスを蓄積してしまったために、休養が必要な事態になってしまったと思います。

 

心の切り替え、現状に対しての割り切りは、人によっては簡単なことではありません。
特に、不安のループに陥っている人にとっては難しいでしょう。

カウンセリングで教わった簡単なエクササイズがあります。
例えば、窓の外の景色を見ます。そして、そこに何が見えるかを頭の中で辿っていくのです。青い家の屋根、飛んでいる鳥、標識、桜の木、目に付いたものなんでも良いです。
さて、その間、あなたは何を考えていましたか?おそらく、外の景色に着目していたために、ほとんど考え事や感情を意識していなかったと思います。
このように、身近なちょっとしたものに意識を向けることで、例えば少し嫌な気分になった時にそこから注意を背けることができます。

視覚以外の五感を使っても、同様のことができます。例えば、あなたが部屋で椅子に座っているとして、どんな感触がするか、どんな匂いがするか、どんな味がするか、何が聞こえるか。

意識を不安から逸らし、落ち着いて現実を見渡すことができるようになれば、対処する方法が見えてくるのだと思います。

私もまだ実践途中ですが、心の切り替えをマスターして、まずは休日をちゃんと楽しめるようになりたいと考えています。

 

あー、私にしかできないことがあるのではないか。

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

前回の記事では、生活リズム作りに何やら前向きな発言をしていますね。
しかし、その後のカウンセリングからテンションやらモチベーションやらが下がっている状態が進んでいます。

カウンセリングでは、朝起きて図書館に行くことができなければ、復職してから厳しいでしょうと叱られました。それは、生活リズムと体力をつけるという意味では納得していますが、それを行動するのはやっぱりハードルが高い。

朝は7:30-8:30の間に起きられるようになってきていますが、今日を含めて2回ほどしか図書館には行けていません。起きれても体が動かない日はブルーです。

 

あー、こんなんじゃ、いつになったら復職できるんだろ。

あー、復職しても体力も気力も出なくなってしまった。

 

罪悪感はさほどありませんが、2月の初めくらいのテンションに戻ってしまっているような気がします。

 

あー、本当に何のために生きてるんだろうな…。

 

今日、たまたま図書館で読んだ「プレジデント」という雑誌に、「夜と霧」( ヴィクトール・E・フランクル著) の紹介を見つけました。曰く、『自分の人生は何のためにあるのか』というよりも『自分が生かされているのは、私にしかできないことがあるのではないか』と問うべきと書かれていました。

私にしかできないこと、なんていうのはパッと思いつくことはできないですが、ポジティブな見方だと思います。前者の問い方も後者の問い方も、自分の生き様を模索しているのですが、後者の問い方はより能動的に表現されていると感じました。

実際、「夜と霧」を読んでいないので、どんな意味を含んで言葉が語られているかは不明ですが、心に残る響きでした。

 

おはようございます、午後3時30分。

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

 

いつの間にか、もう3月が終わってしまうのですね。
3月が終わるという表現よりも、4月が始まると言った方がしっくりくる季節で、色んな方にとって喜ばしいものだったり、或いは不安で押しつぶされそうだったり、特別な節目の季節なのを感じています。

私も、予定では4月1日から復帰かと準備していたのですが、先生から(主に朝起きれていないので)生活リズムの立て直しに+2週間くらい休みをもらった方がいいと言われたので、もうしばらく掛かりそうです。

理想的なリズムとして、会社に行く時間に起床して、図書館に行く、というのはまだハードルが高いです。そこで、ひとまずは外出のことは考えずに、起床時間だけをどんどん早くしていくことに、今はチャレンジしています。今までは、12時以降だった起床時間も、10時、9時、8時と段々早くなってきています。勿論、季節柄波があって、今日は5時に目が覚め、8時に目が覚め、体が動かずに気がついたら12時で、体はやっぱり動かない。そんな日もありますよね。そういう日はそれをそのまま受け入れて休んでしまおう。

家族や友人との予定を午前中から入れておいたり、朝ごはんに食べるものを決めておいたり、ちょっとコンビニに行きたいなって思っておくと、比較的起きやすいです。それを地道に積み重ねる。あとは、もう20時とか21時にお布団に入って電気を消してしまうということもしました。

春眠、暁を覚えずと言われるように、この時期は妙に起きづらかったり、私自身低血圧でそもそも朝が苦手ではあるのですが、ちょっとずつ起きれるようになればいいかなーと思っています。そして、あわよくば、来週からは起きて外に出るところまでやれたらいいと考えています。

 

それから、最近は会社の同期とも連絡を取るようになりました。12月、休職直前は、話すのが辛くて。いつも一緒にお昼を食べていた同期達を避けるようになっていました。

今では、休職している身分でありながらも、「私だけ仕事していなくて申し訳ない」とか、「みんなの元気さに合わせるのが辛い」とか、そういう考えなしに、同期と話せるようになりました。今週末、みんなで遊びに行く予定です。

 

ここまで読んでくださっている方の中にも、不安なこと、達成できないことあるかと思います。
少しづつやって、積み重ねていくことが大事だと思います。もし、達成できない日があっても、自分を責めずに、それが自分の心身の本音であると受け入れてあげてください。
多分、達成できないことであなたを一番責めるのは、あなた自身であることが多いと思います。

 

あなたにとって今日は何の日?

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

このブログにしては珍しく、更新頻度が高くなっていますね。
昨日はたまたま良いお題に巡り会えたことがきっかけでしたが、本日は日本国民の多くにとっては特別な日となったためか、キーボードを叩きたくなったのです。

 

東日本大震災が発生して、5年目を迎えました。

当時大学生だった引きこもり都民にとっては、小学生の時に乗った起震車のような揺れを再度体験し、電車が動かないため帰れないので大学構内で一夜を過ごし、翌日すし詰めの電車に乗りながら何とか自宅に帰宅する。といった2日間の苦労と、計画停電の不便さを味わったくらいでした。

その後も、卒業研究に追われて自分のことで手一杯で、震災の助けになるようなこと(ボランティアや企画への参加)はほとんど出来ていません。放射線に関する知識だけはあったので、風評被害に加担するようなことをしなかったくらいでしょう。

今日もずっと震災関連の番組をやっています。忘れてはいけない悲しい記憶と教訓が語られています。テレビの前の何も失っていない私は、それを理解しきることもできないし、何ができるかもわからないまま、呆然として、何となく深い闇に飲まれそうな気分になっていました。

その後テレビを消してネットをふらついていたら、次のような文章を発見しました。

3月11日 - アンサイクロペディアより引用

2011年の3月11日には宮城県沖を震源とする東日本大震災が発生した。それを受けて翌年以降3月11日は震災を考える日として黙とうをささげ決意を新たにする日だという人たちもいる。ただ誰かにとって祈るべき日は誰かにとっての誕生日であり結婚記念日であったりもするのだ。だからこそ今日はあくまで普通の日である。だからこそ地震のことを考えずに震災関連イベントを開くこと以外を不謹慎というのはおかしい。3月11日は前向いて生きていく366日のうちの一日であり、普段と同じように楽しむことは楽しみ頑張るべきことは頑張る日なのだ。

 そう、私にとって今日は普通の日なのでした。遠い場所にいる私が震災に思いを馳せることは、祈る人にとって支えになるのかもしれません。でも、今のからっぽの私がやっても偽善にしかならない。

防災意識を高めるくらいのことをして、あとは普通に過ごせばそれでいいのだと、闇に飲まれる必要はないと肩を掴まれた感じがしました。

 

上記の引用文から色々感じさせられることがあると思ったので、お伝えしたかった次第です。

 

新幹線の開通や街おこしも盛んになっていますし、修学旅行以来行っていない東北に、旅行に行きたいですねぇ…。

 

今週のお題「好きな街」

今週のお題「好きな街」

 

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

「好きな街」という響きに惹かれてやってきました。

 

生まれてからずっと東京に引きこもっていますので、都内なら色々行ったりしています。
好きな街というと一概にこれとは言えませんが、"これならばここ"というのを紹介していきたいと思います。

 

聖地「秋葉原

なんの聖地か、とは特に言う必要はないと思いますが、最近はただの聖地ではなくなりつつあります。少しずつ、洒落た店が進出してきている感が否めません。例えば、アトレ秋葉原に始まり、ヨドバシカメラ8Fのレストラン街とか、マーチエキュート万世橋とか。

新しいものも入り始めてきていますが、私なりの欲しいものがほぼ確実に手に入る場所で便利です。

 

甘酒「人形町

人形町?どこ?って方もいるかもしれません。だいたい日本橋のあたりという想像で大丈夫かと思います。私は人形町にある甘酒横丁の「とうふの双葉」さんの甘酒が一番好きです。

ちなみに、甘酒が他に飲める有名なところで浅草仲見世通りや神田明神前もありますが、そこよりも人形町の甘酒が好きです。(大事なことなので2回言いました)

 

景色「晴海」「お台場」

東京湾岸の景観はいいものです。晴海埠頭にある不思議なオブジェ群が好きで、夜に行ったら異世界に来たかな?と思わされます。レインボーブリッジも綺麗に見えます。アイコンに使っている画像も晴海埠頭のものです。でも、縮小されてしまってよくわからないので、貼りましょう。いい写真ではないですが、ぺたり。

f:id:Honey-K:20160310233350j:plain

東京湾岸では、無機質に積まれたコンテナや紅白のキリンさん(ガントリークレーン)が並んでいるのを船上から見るのも楽しいですし、お台場のちょっと風変わりな建造物を探すのも面白いです。ゆりかもめの芝浦ふ頭ーお台場海浜公園駅間のレインボーブリッジ手前の一周巻いてるカーブの建築に、いつも感動しています。

 

パンダ「上野」 猫「谷中」 犬「渋谷」 ふくろう「池袋」

上記動物グッズ御用達の場所です。

上野に行けばパンダを激しく推してきます。パンダ焼き、パンダカレー、パンダケーキ、至る所にあります。

上野の北にある谷中は猫の街ですが、本物の猫さんは気まぐれなのであまり見かけたことがありません。でも、猫グッズやお菓子のお店があります。

ハチ公のお膝元渋谷では、割と最近になって東急やのれん街あたりでハチ公グッズを推してきています。キャラ化されたハチ公も結構可愛いです。

池袋には集合場所としていけふくろうがいますが、他のとこよりは推してない気がします。駅でハッピーフクロウという人形焼を売ってるくらいしか知らないです。

 

と、この辺にしておきます。ご当地ネタは喋ってる方が楽しいですね。ふふふ。

 

 

2週間の成果

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

前回の記事で書きましたように、ここ1週間は朝9時くらいの起床を目標にして生活しておりました。

が、実際に9時頃に起床できたのは3日/7日で、一度も午前中に図書館に行くことはできませんでした。

起きれない理由を自分なりに分析してみているのですが、多分、”カウンセラーの先生に言われたからやっている”と認識していることが大きいのかなと思っています。先生の”復職への体力付け”という理由には概ね納得しているのですが、自分の中でそれを実践するモチベーションが低いです。

復職については、前向きなつもりです。やっぱり何もない自分は嫌ですから。でも、朝スッキリと起きれないのです。カーテンを開けても、夜早く寝ても。ちなみに低血圧です。

何かアドバイスのある方はお気軽にコメントください(笑)今週も午前からの活動を目標にしていきたいと思います。

 

さて、話題を変えまして、これも前回の記事にて触れましたが、ここ2週間はスポーツジムの体験に行っていました。

毎日ではなかったのですが、ストレッチ、筋トレ、ヨガ、エアロビクスを体験できました。筋トレは、腹筋、背中、腰、胸、太腿をやって、最後に軽くトレッドミルマシーンで20-30分ほど早歩きしてました。ヨガは前々から興味があって参加してみたのですが、時々辛い姿勢もあったりして、意外に発汗しました。ヨガの考え方も先生から少し伺うことができて、勉強するのも面白そうだと思いました。エアロビクスは、実はヨガの教室と間違えて入ってしまい(しかもいきなり中級クラス!)1時間ヒィヒィ言いながら全くついていけない状況でした。でもいい汗だけはかけました。(笑)

そんなこんなで2週間、体育の授業以来の運動をしてきたのですが、少しですが体があったかくなったり、お腹が空いていつもより食べられるようになったりと、いい変化がありました。また、力を出すことに集中することで、脳の切り替えができて、ストレス解消につながりそうだなと感じました。

ただ、仕事が始まると住む場所が変わってくるので、入会はしませんでした。でも、運動は続けたいと考えています。

 

4年に1度のモラトリアム

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

本日は、4年に1度の2月29日ということで、何か書けないかなーと思って書いてみます。

とは言っても、今日は家でずっと寝てたんですよね。現実世界にいると何だか眠くて、夢の世界にいるとストーリー的な展開が待っていて、ちょっと面白い。これは寝るしかなかろう(笑)何人かの少年少女がわいわいやるような小説が書けた夢だったんですよ。

本当は、休職期間があと1か月ということで、カウンセラーの先生から、そろそろ会社通いを意識した生活をしてみてくださいと言われているのですが…。

要するに、朝は9時頃に出社の代わりに図書館に行ってみて、一日を過ごしてみる。あと、今スポーツクラブの体験にも顔を出しているので、運動してくる、といった時間の使い方です。

でも、3月入ってから、明日からでいいや。今日は1日だけ伸ばしてもらった2月のモラトリアム。明日から本気出す!

 

というわけで、3月になる明日からは、朝ちゃんと起きて、図書館に行って本読むなり勉強するなりできたらと思います。時々遊んだりね。朝ちゃんと起きることを目標にしたいと思います。