あやめあやめ

書き続けたいけど、一度も書き続けられたことがない。

対話ごっこ

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

 
カフェにくるとなんとなく書く気が湧いてきます。自宅で書く気になる方法はないのでしょうか(笑)
 
本日は、この前あったことを例にして、私が今行っている認知行動療法のまねごとを、対話形式でしてみたいと思います。
状況→気分→自動思考→根拠→反証→適応的思考→変化の7つの項目を考える、7つのコラム法という方法に即して行います。本来は、これら一個一個の項目を紙に書き出していきます。この方法は、以下の著書に書かれているものを参考に行っていますので、きちんとやってみたい方はお手にとってみてください。
 
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

 

 

カウンセラー役を私のなかにいるHoney-Fさんにお願いして、以下、だらだらと対話をしてみます。
(上記7つの項目について完全に即していませんので、その点をご承知おきください。)
 
K「先ほど、何故だかマイナスの気分になることがあったんだけど…」
F「何があったの?詳しく教えてYO!」
K「10時過ぎに、電車に乗ってたんだ。スマートフォンのゲームをやるのに手袋が邪魔で、外して手に持っていたんだ。」
F「ふむふむ、それで?」
K「そしたら、降りるときに両手の手袋2つとも落としてしまって。私はすぐに気づかずに、まず男の人に肩を叩かれて1つめを拾ってもらったの。」
F「それは良かったじゃん!」
K「それで、もう一度肩を叩かれて、今度は女の子にもう一つを拾ってもらったんだ。私はお二人に咄嗟にありがとうって言えたんだけど、とてもみじめというか、恥ずかしい気持ちになった。」
F「そうなの?恥ずかしいって気持ちってどのくらい?他にはどんな気持ちになった?」
K「うーん、恥ずかしいのは60%くらい、罪悪感が40%くらい、かな。」
F「それで、どんな思考が浮かんだ?」
K「スマートフォンに夢中になりすぎて、気づかなくて申し訳なく思った。それに加えて、拾ってくれた人が内心は"この人何ぼーっとしてるんだろうな"って、自分を責めているように感じた。」
F「スマホに夢中になって物を落としちゃうことはよくあることだYO!他の人もそうだ、多分鉄道会社の落し物センターにはそうした落し物がどっさりあると思う!それと、拾ってくれた人は君に何か直接責めるようなことは言ってないから、それは思いこみだよね。寧ろ、わざわざ拾ってくれる人なんだから、優しい人達なのでFA?」
K「確かに、落としてしまうことはよくあることだし、いつもじゃない。それに拾ってくれたのだから、思いやりの気持ちで接してくれたのだろうね。」
F「Kだったら、落し物を拾ってあげたとき、どんな気持ちになる?確かこの前、目の前で切符を落とした人を猛スピードで追いかけて渡してあげなかったっけ。しかも反対側のホームだったのに。」
K「確かに、そんなこともあったわ。あのときは、降りた駅で切符がなかったら、大変なことになるだろうなって思って、それで精いっぱいだったよ。走ったけど、落とした人を責める気持ちもなく、ただ、渡せて良かったと思った。」
F「周りの人もきっとそんな風に感じていたんじゃないかな?そう考えてみると、さっきの恥ずかしい、罪悪感の気持ちは今どのくらいになった?」
K「恥ずかしいは10%、罪悪感は5%くらい。寧ろ、ちゃんと感謝しなきゃって思うようになったよ。」
F「うんうん、そうだね!」
 
恥ずかしながら、拾ってもらった時の自分は心から、"拾ってもらってよかった、ありがとうございます" と思えなかったんですよね。
 
それは一体なぜなのでしょうか。
 
おそらくは、自分に対する理想の高さから自分を責める方向に向かっていること(どうして手袋を外したのに気がつかなかったのだろう)や自己肯定感の低さ(手袋を落とすことは日常茶飯事あることだが、そんな自分を受け入れられないところがあった)が根底にあるのだろうと推察しています。
 
ひとまず、今日はこの辺で。
次は楽しい話がしたいところです。
 

カフェりながら戯言を

ご機嫌ようでございます。Honey-Kです。

今カフェにいます。病院の予約の時間まで腹拵えをしています。
色んな人がカフェにいます。学生さんからご年配の方まで。
先ほど、泣きわめく赤ちゃんともう1人のお兄ちゃんを連れたお母さんがきました。カフェという静かな空間をぶち破ってのご登場でしたが、今では赤ちゃんも大人しくなり、すっかりカフェの空気に溶け込んでいます。実家に帰るためのスーツケースを今持っているのですが、それだけでひぃひぃ言っている私はなんなんでしょうね。母は偉大なり。

カフェが好きな方は多くいるでしょうし、それぞれカフェに求めるものは違うと思います。

コーヒーやケーキが美味しい、一杯で長い時間居られる、静かに過ごしたい、友達と話したい、勉強や読書に集中できる、Macを開いて作業したい…などなど。

私は、カフェにいると自然と落ち着くのが魅力だと考えています。自分の眼の前の飲み物と甘い物だけでなく、周りの人もリラックスした時を過ごしていることが、「ここは心を休める場所」と言い聞かせてくるような気がします。

自宅でも、コーヒーや甘いものは手軽に用意出来ますが、カフェにいるときほどリラックスできないことが多いです。恐らく、周りに現実的なものが多すぎる(例えば専門書や洗濯物とか、勉強しなきゃ、家事をやらねば、って気付かされてしまいます)ことと、一人でいることで悪いことを考えやすい状況になっているためだと思います。

以前、とある心理学に基づく性格診断をしたことがありますが、私の課題にはしっかり休むこと、というのがありました。
休日も仕事のことを考えてしまい、切り替えがが下手くそなのは認めざるを得ません。
そんな私が、比較的切り替えやすい場所がカフェなのだと思うのです。
今度、その性格診断のことも此処へ書いてみたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

その感情は誰のもの?

あけましておめでとうでございます。Honey-Kです。

 

休職を始めて、もう1ヶ月が経とうとしているのですね。時間の流れはゆっくりしているように感じていましたが、意外に早いようです。
何をしているかといえば、ぐったりしていて、何か起きる理由がない限りは横になっています。夜8時まで起きられなかった日もありました。とても重いのです。
少し気分の出る日は、外に出て、カフェったり本を読んだり、最低限の家事をしています。掃除はほとんどできていませんが…。

 

本日は、12月のカウンセリングの時に言われたことについて、ふと思い返してみたくなったので、書きつけてみます。

 

私が精神的不調を起こした一つの理由に、怒られることが積み重なっていたことが挙げられます。よく、怒られた人を励ますために、使われる言葉がいくつかあります。
例えば、

「新人は怒られるのが仕事」
「怒られるのは期待されているから」
「怒られたのはその人の態度・行動であって、その人自身ではない」

などなど…

私も、休職前に落ち込んでいた時に、このような言葉に出会いました。しかし、どれ一つとして共感できるものはありませんでした。

そして、カウンセリングでもう一つ、新しい言葉に出会いました。

それは、

「相手に"怒られた"のではなく相手が"怒っている"のだ」

すなわち、怒るという感情は相手のものであって、自分のものではない。ということです。自分のものではないので、"怒られた"という表現にはならないのです。

この言葉を聞いた時、正直ピンとこない、という気分でした。しかし、この言葉からは一つ気付かされることがあります。

それは、ある事象に対する受け取り方は自分次第なのだということです。

すごく当たり前のことを言っていますが、少なくとも私は相手の感情に敏感になり、悪い方に捉えすぎているということに気付かされます。

カウンセリングでは、以下のような会話がありました。

先生「叱られた時、どんな気分になりましたか?」
私「ちょっと落ち込みました。」
先生「数字で表したら、どのくらい落ち込みましたか?」
私「んー…80%くらいです。」
先生「"ちょっと"なのに80%もですか?」

そうなんです、自分ではちょっと注意されたくらいのはず、と頭では考えていますが、心の中で実はとても引きずっているのです。なので、私の思考は、"どうしてこのくらいで落ち込んでしまうのだろう。自分はなんてダメ人間なのか"という結論に至ります。
ですが、現実の自分は実はヤワヤワなのです。なので、本当はハードルを下げるか、心を鍛えてレベル上げをするのが最も現実的な方法なのです。

今の私の状況は、これら現実的な方法の両者からアプローチしていると言えます。休職することで怒られる状況から回避してハードルを下げ、その上で、カウンセリングをしてもらったり本を読んだりすることで、心のレベル上げをしていると言えます。

 

少し話が逸れてしまいましたが、私に限らず、うつやそこまで行かなくても落ち込んでいる方は、悪い思考ループにはまっていると思います。これは、多くの本やインターネットの情報で語られている通りです。これに対しては、それに気づくこと(気づくというのはただ情報を眺めているだけでなくて、ピンとくるということが大切かと思います)と悪く受けとめない努力をしていくことが必要です。

前回のカウンセリングで、毎日楽しかったことや心地よかったことを書き、夜寝る前にそれを思い出す、という課題を出されました。これは、ポジティブな思考回路を作るレベル上げ・努力に相当します。

何もやる気が出ないならば、無理に何もする必要はないと思いますし、私もそのような気分の時は何もしません。ですが、心の辛い状況から抜け出したいと考えていて、かつ少し元気が出てきた時は、思考回路を鍛えておくと良いのかもしれません。

 

まとまりのない文章になってしまいましたが、今日はこの辺で。

 

心が空になる

御機嫌ようでございます。Honey-Kです。

休職して、大体1週間が経ちました。
とはいえ、クリスマスやら、年末やらの雰囲気で、そもそも冬休みなんじゃないかと休んでいる実感が湧きません。

とはいえ、数日間何もない平日を過ごしました。無性に本が読みたくなって積みゲーならぬ積み本を手に取ったり、文章を書きたくなって日記をつけ始めました。小説を書こうとさえ思っていますが、全くまとまりません。自分はなんて引き出しがないんだと感じて、また本やらニュースを読むのです。

同期には何かあったら気軽に連絡してと伝えてありますが、正直なところ、今はあまり話したくないです。
休職したことを後悔していないですし、寧ろ良かったと思っていますが、仕事をしていないというディスアドバンテージを感じています。
お金には困っていませんが、何もしていない自分が嫌なのでしょう。

今の社会的な私は空っぽです。
休職期間の3ヶ月で、認知行動療法を行う予定です。それで、今までの自分と何か変われたらと思います。

自分にとって辛いなら

御機嫌ようでございます。Honey-Kです。

唐突ですが、色々あって休職しようかと思います。

理由はくだらないですが、周囲とのコミュニケーションを苦痛に感じてしまい、肉体的、精神的に不調を起こしてしまったのです。
周囲の人々の叱り方が特別理不尽とか、残業は多いですがブラックというほどの環境ではありません。

しかし、それでも不調を起こしてしまったのは、私の受け取り方が良くないのだろうということを考え、心療内科でカウンセリングを受けました。

カウンセリングでは、現在の仕事の状況から、小さい頃からの自分の状況を話し、自分の捉え方を改善すべきとの結論に至りました。
ただ、仕事中にパニックになって早退させてもらったことや、カウンセリングで話している間も涙が出てきてしまっている状況から、休職して調子を整えつつ、考え方を改善していければという流れになりました。

こういう状況を書いてみて、甘えではないか、と考えられるかも知れません。私も内心今の状況を辛く感じていることに、甘えではないかと感じています。自責の念が強く、どうしてこんな程度で挫けているのかと、周囲に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですが、これが本当の自分なので、受け入れていかなければならないのでしょう。自分からは逃れられないですし。

心療内科の先生に、「私の症状はまだ軽いのでしょうか?」と伺ってみました。
すると、こうお返事が返ってきました。

「症状が軽い・重いというよりも、辛いと感じているのなら、それに対して何かしら対処をしなければならないと思います。流石に"死にたい"と言われれば、症状が重いと云わざるを得ませんが。」

もし、私のように悩んでいる人がいらしたら、伝えてあげたい言葉だと思いました。

また、状況が進展したら書こうと思います。
それでは。

友人と同期

ご無沙汰になりました。Honey-Kです。

土曜日の朝はゆっくりカフェで朝ごはんです。
少し落ち込みまして、更新が疎かになってしまいましたね。

昨晩は一時間しか寝れませんでした。
「つれー 昨日実質一時間しか寝てないからつれーわー 昨日実質一時間しか寝てないからな」
…みたいなコピペが脳裏をよぎりましたが、それはさておき。

なんで一時間しか寝てないかというと、飲みながら会社の同じ部署の同期と、ひたすら仕事の悩みや愚痴や噂を話し続けていたからです。

よくある話ですね。
ですが、私はこの状況にとても感謝しています。話していた同期は趣味や考え方、価値観が違う人達ですが、私の話をきちんと受け止めてくれ、色々とレスポンスをしてくれました。
また、他にいる同期も積極的に遊びやスポーツの計画を立ててくださるので、とても楽しい時間を過ごさせてもらっています。

正直、仕事は色々と悩んで、辞めたいとも思っていたのですが、同期を失いたくないのでなかなか辞められません(苦笑)

私自身、話したいけど話し下手なので、価値観は違う友達とは、一晩話し込むほど深く付き合ったことがなかったのです。
ですが、話してみると何処かで共通点があったりするもので(例えば落ち込んだときにとる行動が同じとか笑)、思い切って話してみるものだなと思います。

それでは、この後も同期達と会いますのでこの辺で。
良い3連休を!

なぜなぜしたい

御機嫌ようでございます。Honey-Kです。

お題スロットで助走してきたので、そろそろ自分の頭から何か出てこないかなーと考えた結果、少し今までより堅い話になりそうです。

 

折角はてなブログを始めたので、他の方のブログもふらっとお邪魔しに行ったりとかしてみたのですが、トップエントリに上がるような記事ってよくそこまでアウトプットできるなぁと感心してしまいます。

皆様に読まれるような記事を書こうとはあまり思ってないのですが、アウトプットができるような人間になりたいなーとは思うのです。だから、ブログを始めたのだと思います。

 

なぜなぜ分析というのをご存知でしょうか?これは、品質管理などでミスの原因を特定するのに使われる考え方です。一つの事象に対して、5回程繰り返し"なぜ?"を問います。

この思考はミスを原因を特定するだけでなく、普通に文章を読むなどのインプットの際にも使えると思います。普通はそんなになぜなぜしなくても、とも思われるかもしれませんが、個人的にはそれくらいの疑問を持つ姿勢でいないと、アウトプットできるような人間にはなれないのかなぁなんて考えています。

それでは、今日はこの辺にて。